FC2ブログ

記事一覧

カラダは仲人役をいつでも買って出ようとワクワクしている

今年を振り返っていたら、ずっと手前から振り返ることになった。

【 ちょっとした経緯と混沌依存 】

私はこれまでに、自湧運動法を中心にした健康講座、
整体体操と整体のノウハウを提供する健康講座、
体験的な心理療法を中心にした健康講座、
体験的心理療法の研究会(和会)など、

やりたいことをそれなりにやらせてもらってきた。

どれも完成されたものではないが、自分なりの評価ができる点もあった。


和会に至っては整体、プロセス指向心理学、ファミリーコンステレーション、易など、
もう混沌そのものをからっきし信頼し乱用するという全く無手勝流になっていた。

混沌をネガティブにもポジティブにも決めつけられない。
受け入れられれば強大な結果を引き出してくれるが
そうでなければ大きな消化不良となってしまう。

しかし和会は私の精神的な受容力、自己成長を求める力が弱くて

あるときに突然散会させてしまい、傷を残した。

実際には本気で自分を見つめる気になっていなかったのだろう。
会の人に不快な思いをさせてしまった。

混沌さんに大変お世話になり、混沌を作って終わった。



【 統合と感謝 】

そのこともあって、ゲシュタルト療法のトレーニングの場に身を置いてみた。

ゲシュタルト療法に身を投じてみたのは、心理療法の技術云々だけではなく、

その類の世界の洗礼を受けてみる必要があると、そう思ったのもきっかけ。

料金も安かったし。(笑)

深息の会はこれまで自分が経験してきたことが統合されている実感を強く持っている。

しかし、それもこれも誰もその場に居なければ何の技術も体験もない。

だからメンバーの皆さんに本当に感謝している。


【 得たもの 】

さて、プロセスワークやゲシュタルト療法をやってみて得たものとは?

その実感とは?

「努力しなくなった」

これ。

「えっ!」と自分でも言いたくなるが

でもこれは本当。

別の言い方をすると、無駄なエネルギーの使い方をしなくなった。

さして意味のない負荷を自分にかけなくなった。

そのような言い方をできるかもしれない。



【 もつれと今 】

実は、私たちの無意識の領域では、想像を絶するほど

無理と無駄なエネルギーの使い方をしているらしい。

もしかしたら知らないうちに全然実らない努力をやってしまっているかもしれないのだ。
言い過ぎかもしれないが。

しかし、体がほどけ、心身一如の気づきがあると、その元になっている「もつれ」が解ける。

無意識に緊張する癖が減ると、同時に様々なエネルギーにフックされにくくなってくる。

大事なのは「解く」ではなく「解ける」という事実。

整体が「治す」を捨てて「治る」を選択したのと似ている。

ある程度ほどけてみないと分からないこともあるし、

簡単にほどけないのを無理にほどかずにおく勇気も必要かもしれない。



【 気づきが必要 】

努力をしなくなると体と心は軽くなり、

「ああ…もっと早くこの味わいを体験していたら…」

ほんと、そーゆー空想が湧く。

しかし、これこそが無駄な努力の入り口かもしれない。

人によってはこの悔しさ生かせる人もいるだろうけれど、

多くは自己叱責に捕まってしまいがち。

どんどん堂々巡りが進んで、感情や体との分離が加速するものだ。

そうなってしまっては、体も私も操り人形のようになって…。

こうした傾向から楽になって行くには、

とにかくエネルギーの無駄遣いをしてしまっている自分に

気付いていく必要があると思う。



【 結び 】

そのことについて、私たちの体の協力体制はやぶさかではない。

私は、体はそのことを大変望んでいると言う気がしてならない。

「根っ己」と「意識」とを結ぶための、

媒体者つまり仲人役をいつでも買って出ようとワクワクしている。

そう思う。

「神託」という言葉があるが、

あえて「身託」でも全然構わないと、私はそう思う。

かなり大げさな表現になってしまった。

とにかく私も一人のメンバーとして、

この会を通して自己信頼を深め、

助け合い楽しい会になっていってくれればと、そう思う。



みんな光ってる
みんな光ってる

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

金光由展

Author:金光由展
心身まるごとの自然療法を目指している金光です。"のぶ"と呼んでいただいて構いません。かれこれ30年以上、整体と心身セラピー(体験型心理療法)で統合的な援助をさせて頂いています。お気軽にご相談をどうぞ
メールは、cocorokarada●gmail.com(●を@に変えてお使い下さい。) まで。

深息ブログカウンター