記事一覧

体で今年を占う(3) 「それでいいんだよ」と身体が太鼓判を… { 占ったテーマ:人間関係 }

< フクちゃん(女性)さん >

私の日常行動には、感覚で「あ、こっち!」「いやあっち!」みたいに突如行動するときがあって、

バクチみたいなんだけど、でもわりと信頼してたりします。

そして、易の活用を知ってからは、わたしは易に自信と思考をもらい、進んてます。

今回のワークは、「それでいいんだよ」と太鼓判を押してもらった 結果になりました。

今、すごく不安定な状況にいるんだけど、笑いがこみ上げてきた。

ワークで出てきた動き「抜き足差し足、、、と手探りしながら、目をつむって、前へ進む。」

へんな 格好!  笑えた!

また、ワークのパートナーに今私の居る場所に座ってもらった。

それは、小さくてビクビクしてて背中が縮こまってて暗くていじめたくなりそうな人に感じた。

「あー、これも私なんだな。」ととりあえず受け入れた。

でも、この時私の顔は何故だか分からないけど、またまた笑ってて、

笑っている私の場所をつくってビクビクしてる私を見てたら

それを抱え上げて連れ出した。

そんなことやろうと思ってなかったのに…。

勇気もっていってみるか?

未知の世界でちょっとドキドキするな、めんどくさいかもしれない。

やはり、でてきた、手探り動きのまま、そんな 感じです。


◆パートナーの人のワークを見て感じたこと

いままで誰かと組むと恥ずかしい気持ちがあったのが、今回はなかった。

腹の底の感情で動けたような感じです。

うまくできたかどうかはわからないし、
下手くそだろうが、ひとつひとつゆっくり、進められた。

出てきたものに、自然に座布団を用意してる自分に、今になって、ほぉっと感激してます。

じっくり、深く、泣きそうで、暖かいワークでした。


◆ファシリからひと言

この人の内面の豊かさを感じます。

まだ、乗り越えていかねばならない様々な問題を抱えてはいます。

しかし、受容力の力が育っていて、共感しました。ありがとうです。

本人が自分で出した易の卦は、例えて言うなら、

まだ地の下にある小さなツクシの芽がゆっくりと伸びていこうとする状況です。

土地の硬さ重さ、気温の変化、光の具合、それらの状況変化を探りながら、

柔らかく弱く存在でありながらこれから上に伸びていこうとしている。


なんと!体はそれを予知承諾して、

「こんな感じで進もうよ、

迷ってもいいんだよ、

ゆっくりだけど既に伸びてるからね。

私を、感覚を、信頼して、手探りでね。」

そう言ってるみたいです。


運気が悪いわけではないのだけれども、

胎児のように弱いので慎重でなければいけない時です。

その一年に対して「これでいいのだ」と、

自助アドバイスがあることが

どれほど、体や心の助けになるか…。


手を合わせたくなるような、

味わい深いワークでした。


お疲れさまでした
来年の1月は、おめでとう!お疲れさまでしたと、皆で祝おう。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント