記事一覧

気づきのエクササイズ「背骨に聴いたら、硬い腰が青虫のように動き始めた!」2016.4.8.

◆背骨に傾聴するエクササイズ

今回も先月に続いて、気になる背骨に着目、傾聴?するエクササイズを行いました。
一般に言われる傾聴は深い興味共感の気持ちを持って相手と息一つになるのでしょう。

「どうしてこの腰は緊張して反っているの?」と、
腰上部の緊張に興味を持った人がいました。

エクササイズの結果としては、
その腰はこの人が息を吸うことと吐くことに直接関係がありました。

『自己一致感をもって自分のやりたいことをやりたいようにやることと、呼吸に繋がりがある』
このことがわかりました。

おそらく、それが不可能な時に
自分のやりたいようにやろうとしても何故か呼吸が止まってしまうのです。

『吸えるはずの息が吸えず、吐けるはずの息が吐けない』
そういう無意識と体との繋がりができあがっていたのでしょう。

どういうときに吸おうとした息が止まるか?
どういうときに吐こうとした息が吐けなくなるか?

そのことについての過去の細かい因果関係等は浮上しませんでした。
でも、最後の段階でその人はご自分に向かって言いました。

「アナタがしたいようにすればいいじゃない」
「アナタがしたいことをすればいいじゃない」
「アナタはアナタそのままでいいじゃない」


この時の語気は、過剰な信念とか叩きつけるような
大げさな質のものではありませんでした。

しかし、どっしりと座り、腹の底からこの人らしい声で
ストンと出てくるその勢いには揺るぎない確信を感じました。
それがありのままだとハッキリと感じさせる。

そういう強さを持っていました。

◆さてさて、使用前使用後の確認のお時間

さて、その腰はどうなっただろう?

エクササイズ前の非日常運動で、
この人が青虫(蝶のさなぎ)になったときには、
腰が固くて柔らかい動きができなかったのですが…。

あ、青虫が動いた!
「おーっ!」と全員の声。
なんと!腰が柔らかく動き出した。

更に立ち上がったり、座ったりしながら、
「柔らかい…、柔らかい!柔らかいっ!」とご本人。

どうやら、腰の骨に傾聴してその声をうかがい知ることができたようです。

ところで、あなたには気になる背骨がありますか?


P1050788-30深息
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント