FC2ブログ

記事一覧

講座第一回目「大変びっくりしました!」

1月16日に講座を開いた。
ゆったりとした流れで予定していた通りの内容で行うことができた。
一通りを報告したいが、やはり特筆したいのは活元運動(私の会では自湧運動法)について。

この運動法は、運動といってもどこをどう動かすという決まりが全くない。
勝手に体が動き出すそれについていくというスタイルのやり方。
痒い所を引っ掻くにあたって正しいやり方などないのと同じで、
自然にやりたいようにやるのがこの運動のやり方。

要するに意識的なコントロールを手放して、タガを外してしまうということだ。
こう書くと、「人によっては自分の体が何かに乗っ取られて空恐ろしい方へ動きが展開するのではないか?」
そのように空想する人もあるかもしれない。

しかしそれは全くない。
なぜかというと、体を動かしている根本は自然治癒力であるとか、
自然良能作用であるとか、そういった自調作用、自己回復の動きだからだ。
その人の自然を守ろうとする動きが、持ち主の思いを受け止めないということがあるはずない。

しかし、この動きが出にくい傾向の人もある。
意地悪な人、頭がよすぎる人(頭がよすぎるために知的な運動にエネルギーが偏りすぎているということ)。
その他、体が鈍りすぎている人など。

「すみません。からだが痒いんですが、どこだかわかりません。あなたご存知ですか」
「私の代わりに排便を済ませておいてくれませんか」
そういう人はいないのだから、
からっきし鈍りきっている人というのはそうザラにあるものでは無い。

でも、くしゃみが出る気配もないのにくしゃみを待っていても出ないのと同じで、
緊張して、難しい顔して「動きが出てくるのを待つ」って感じになってしまうとかえって動かなくなる。

さてさて、今回のメンバーはどんな感じかな…。

大変びっくりしました!
みんな、サラッと自然に動き出したではないか!
体の要求に対して、非常に素直。

さして長い時間ではなかったが心身が充分にほどけ、部屋の中に暖の静けさが漂った。
以下は、Facebookに掲載した一部。

終わって、そのままスッと正座すると静謐というか心身の重心が下がって、
それを見ている私まで感化して本当に気持ちが静かになりました。
とてもとてもとても心地よかったです。

ありがたかったです。あの感じが凄く好きなんだよなー。

また修正を加えながら、最終的には参加者が個別に何かをつかんで帰れるようにできればと考えています。
関心のある方は是非ご参加下さい。お待ちしています。




11902459_552294324911924_6901115054512163439_n-65.jpg
誰に教えられたわけでもなく、安全なくわえ方をしてしまうのが本能。
生き物の内部には意識以前に、自他に対する保全感覚があると思うんです。そこに期待していたい。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

金光由展

Author:金光由展
心身まるごとの自然療法を目指している金光です。"のぶ"と呼んでいただいて構いません。かれこれ30年以上、整体と心身セラピー(体験型心理療法)で統合的な援助をさせて頂いています。お気軽にご相談をどうぞ
メールは、cocorokarada●gmail.com(●を@に変えてお使い下さい。) まで。

深息ブログカウンター